アクティビティ

タンジェ(モロッコ)のとっておきのホテルを紹介します!(inタンジェ旧市街)

更新日:

旅をするうえで宿選びはとても重要なポジションを占めていますよね!

高級ホテルからゲストハウスまで、宿によって楽しみ方も様々。

その旅行先、旅行自体の印象を決めてしまうこともあるかもしれません。

phone
モロッコ⇔日本の国際電話のかけ方について

国際電話のかけ方ってなんだかわかりづらいですよね。。 頭に「81」をつけて・・・あれ、「0」は消すんだっけ・・・??? 年に数回の海外旅行の時に調べるんだけど、時間が空いたら忘れちゃう・・・という方も ...

続きを見る

 

この記事では、モロッコ北の街、タンジェにある「街の雰囲気を存分に満喫できる」とっておきのホテルをご紹介します!

 

ちなみに以下の記事で、こちらの近所の世界一(と私が思っている笑)眺めのいいマクドナルドをご紹介していますので、チェックしてください!

モロッコの新名所!?世界で一番(?)眺めの良いマクドナルド?!

世界に約37000店舗(2017年)展開されているというマクドナルド、旅先でもお世話になることありますよね。 お国柄がメニューに反映されていたり、土産話のネタにもなったりするものです。 ここでは、世界 ...

続きを見る

タンジェ(モロッコ)にあるそのホテルとは、DAR NOUR MAISON’DHOTES TANGE(ダルヌール)

その宿とはタンジェ(モロッコ)の旧市街、港を背に坂を上り切った右手側(海沿い方向)にある、「DAR NOUR MAISON’DHOTES TANGE(ダルヌール)」です。

フランス人男性が経営するB&Bスタイルの宿です。

B&Bスタイルとは
ベッド・アンド・ブレックファスト(英: bed and breakfast)とは、イギリスや北米、アイルランド、ニュージーランド、オーストラリアなど、主に英語圏各国における(多くの場合小規模な)宿泊施設で、宿泊と朝食の提供を料金に含み、比較的低価格で利用できるもののこと。 ドイツやイタリアなどのペンション(日本の「ペンション」とは異なる)や、フランスのシャンブル・ドットに相当する。 日本においてはイギリスに多く存在する宿泊施設として認識され、「B&B(ビー・アンド・ビー)」の略称で知られる。 また、非英語圏の同様の比較的低価格のホテルを「bed and breakfast(B&B)」と呼ぶこともある。 (wikipediaより)

タンジェにフェリーで到着したのが夜だった私は、港のタクシー乗り場からお宿に向かったのですが、旧市街は言わずと知れた迷路の街。。。

迷路の街タンジェ

車が通れる道は限定されていて、気のいい運転手さんに「この辺だよ」と降ろしてもらってから、街灯のない路地をぐるぐる・・・

ホテルにたどり着いた時にはぐったりでしたが、優しい笑顔で迎えてくれたフランス人オーナーさんの笑顔に癒されました。

ちなみにホテルの場所はこちら。

タンジェ(モロッコ)のおすすめホテル ダルヌールの内部の紹介:共有スペース

まずはエントランス。

続いて共有スペース。アラブの雰囲気いっぱい!

朝食はこちらでいただけます。

ルームキーもアラブ風でかわいいです。

タンジェ(モロッコ)のおすすめホテル ダルヌール内部の紹介:お部屋

タンジェ(モロッコ)おすすめホテル、ここからはお部屋の紹介です!

こちらのお部屋に宿泊しました。

2名で泊まりましたが、とても広いです!

こんな感じで、テラスも付いています。

お部屋のテラスで乾杯できます笑

タンジェ(モロッコ)のおすすめホテル ダルヌール内部の紹介:屋上テラス

タンジェ(モロッコ)のおすすめホテル、続いては屋上テラスです!

この宿一押しの空間で、とても癒されます。

 

朝食は、こちらのタンジェ旧市街を一望できるテラスで、街並みを眺めながら頂くことができます。

昨夜の疲れも吹き飛ぶ景色です。

アフリカ大陸最西北(かな?)の夕日も堪能できます。

まとめ

タンジェ(モロッコ)のおすすめホテルをごしょうかいしました。

とてもオシャレなホテルで、予定を変えて延泊してしまったほど。

イスラム色が比較的濃く、押しが強いと言われるモロッコですが、タンジェは港町で外国人の往来も比較的多いためでしょうか、人々は穏やかな印象でした。

ヨーロッパからフェリーで2時間で行けるアフリカ大陸、興味を持っていただけたら幸いです!

 

以上、タンジェ(モロッコ)のとっておきのホテルを紹介します!(inタンジェ旧市街)でした!

-アクティビティ

Copyright© mata-tavi【マタタビ】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.